ゴルフシミュレーター徹底調査サイト

あなたに合ったゴルフシミュレーターを選べるサイト

ゴルフシミュレーター選びの決定版!

ゴルフシミュレーター選びの決定版!ゴルフバーやスクール、練習場などでお馴染みのゴルフシミュレーター。最近は、高性能・多機能なマシンが求めやすい価格になり(レンタルプランなども充実)、個人宅への導入も増えてきています。

一口にゴルフシミュレーターと言っても、スペックや価格、向いている用途は様々です。そこで、当サイトではシミュレーションゴルフの導入を検討している個人や経営者のために、性能やアフターサポートを調査してオススメメーカーを徹底リサーチ。30コース以上でカメラセンサーを搭載している高い性能を持ったシミュレーターを販売・レンタル価格が安い順にピックアップして紹介します。
※2021年5月時点の調査情報を元に作成しています。

ここだけ見ればOK!ゴルフシミュレーターBEST5

1位 golf land(ゴルフランド)

 

ゴルフランドのラインナップ&料金プランをチェック≫
商品名・性能 【Joy Golf Smart+】
●業界を震撼させた3ラインセンサー搭載ゴルフシミュレーターの進化版
●赤外線センサーから高速カメラセンサーに変更し、非常に高い精度で打球を計測する。
●天井のカメラが映る位置なら打つ場所を選ばないので、機器を叩いて故障させることもない(標準で左打ちも可)。
●ショットしたボールが当たったところからボールが飛び出し、実際にゴルフ場でプレイしているような臨場感を実現。
●操作は画面をタッチするだけ。
ラフやバンカー用のマットも付属する。

【G-SHOT SMART2】
●2年もの期間を費やして、プロのトーナメントプレイヤーが製作に携わるG-SHOTの進化版。
●スクリーンでスイング動画をすぐに見ることが可能
●コストパフォーマンスに優れ、個人からゴルフバー・アミューズメント施設など多くの施設で導入実績がある。
●他社ではやっていないレンタルプランで初期費用を抑えて設置できる。
●様々なプレイメニューと世界的に有名なコースを多数搭載している。
アフターサポート 自社開発だからこその迅速なサポートが魅力。担当者が24時間体制で対応にあたるため、ソフトウェア的なトラブルはほとんど翌日に復旧している部品も純国産のため、物理的な故障の際も素早い対応が可能となっている。
店舗・ショールーム 全国のゴルフバーや練習場などに導入されており、コンパクト設計の「G-SHOT SMART2」は個人宅への設置も多い。東京・愛知・愛媛にショールーム有り。
管理人の体験談はこちら≫

2位  GOLFZON(ゴルフゾン)

 GOLFZONのゴルフシミュレーター

GOLFZONのラインナップ&料金プランをチェック≫
商品名・性能 【GOLFZON VISION】
高性能ハイスピードカメラを2機設置。
●ボールの軌道だけではなく、クラブのインパクトまで計測する。
●天井にカメラが設置されているので、打つ場所を選ばない。
●韓国のナショナルチームも利用するほどリアルな感触。

【GOLFZON Real
航空撮影したコースをリアルに再現。
●東京タワーや渋谷駅前など、仮想コースを含めて200コース以上を収録している。
●キャディー機能でグリーンのライン取りをアシストするなど、ユニークな機能が多い。
アフターサポート ゴルフシミュレーターの本場・韓国製のため、機器の性能は高いがアフターケアは若干の問題あり。サポートは他社委託になったようで、言訪問時に突発的に発生するトラブルには対応してくれない
店舗・ショールーム 上野や日比谷、江坂などのショールームで打つことができる。

3位  3D(スリーディ)

 3Dのゴルフシミュレーター

3Dのラインナップ&料金プランをチェック≫
商品名・性能 【3DゴルフBIGBAN】
●すべて自社開発のゴルフシミュレーター。
センサーを天井に設置するため、スイングの邪魔にならない。
約10畳のスペースと2.8m以上の天井高があれば設置できるコンパクトさ。
●サイズ感を選べるため、内装がすでに出来上がった店舗やマンションにも導入しやすい。
●オプションで消音スクリーンを導入可能。
アフターサポート 設置後にショットをして、もし違和感などがあれば無料で再調整。国産品のゴルフシミュレーターなので、故障が発生しても待たされる可能性が少ない。
店舗・ショールーム ショールームでの試し打ちが可能だが、場所については問い合わせの必要がある。公式サイトにはWEB申し込みを行なうフォームがあるので、ショールームについては24時間365日いつでも問い合わせ・相談が可能。

4位  THEON JAPAN(ディオンジャパン)

THEONJAPANのゴルフシミュレーター

THEON JAPANのラインナップ&料金プランをチェック≫
商品名・性能 【S-SYSTEM(スピンシステム)】
天井に設置された高速カメラでボールのスピン量を正確に計測。
●カメラは4つ設置されていて、国内でも最高レベルの正確性で本物のゴルフと遜色ないリアル感。
専用のボールを使うなどのこだわりがある。
●79コースを格納。

【P-SYSTEM(プロフェッショナルシステム)
●ワイドスクリーン対応で、天井の高さが足りないスペースでも有効活用できる。
●センサーはレーザーとカメラの組み合わせ。優れた計測性を実現。
●左打席にも対応できる。
アフターサポート ゴルフシミュレーターの本場・韓国製。インターネット接続により、バージョンアップなどのメンテナンスが容易となっている。
店舗・ショールーム 各種ゴルフバーやアミューズメント施設への導入実績が豊富。

5位 GTS

 GTSのゴルフシミュレーター

GTSのラインナップ&料金プランをチェック≫
商品名・性能 【GTS PRO】
高速カメラを2機搭載し、ボール速度・角度・スピンの動きを再現。
●ロブショットやアプローチショットの再現にもこだわる。
●オプションで後方カメラも追加可能。
●スイングのために乗るスイングプレートは、地形データによる地形傾斜を再現するため、8方向の角度が可能(最大荷重300kg)。
●ティーの高さ・方向を調整したり、地形表示をしたりするためのキーパッドも設置されている。
アフターサポート 保守契約を結ぶことで、アフターサービスを受けられる。遠隔サポートを通じてリアルタイムで解決するのが基本だが、解決できない場合は、スタッフが来て対応してくれる。もし夜間・休日を挟む場合は、48時間以内に対応可能。遠隔サポートの受付時間については問い合わせが必要。
店舗・ショールーム ショールームはないが、公式サイト内にて全国のGTS設置店舗が検索できるため、そちらに足を運んで試し打ちをすることができる。

ゴルフランドがオススメNo.1の理由を解説

今回、ゴルフシミュレーターBEST5で1位に挙げたのはゴルフランドでした。ここでは、取り扱い製品のなかでも設置台数が増えているJoy Golfの後継機「Joy Golf Smart+」を中心に、評価の高いポイントを説明していきましょう。

シャフトのしなりまで再現する業界最高峰の正確さ

ボールの軌跡残像ありJoy Golf Smart+が持つ最大の特徴が、ショットした瞬間の映像が流れるスナップショット機能です。

他社製品ではスナップショットがアニメーションで表現されているものが多いが、このシミュレーターでは実際の映像でインパクトの瞬間を再現します。ヘッドの向きまで正確にとらえるハイスピードカメラが、クラブやボールの飛び方を高精密に分析・解析します。

赤外線センサーからカメラセンサーに変わったことで、打席回りにセンサー等の障害物が無くなり、ゴルフシミュレーターにおける様々なストレスを回避してくれるのです。

(1)ハイスピードカメラがボールの動きを正確に再現!

Joy Golf Smart+は、高速度カメラ搭載のセンサーが、天井からショットの瞬間を数ミリ秒単位で計測!打った瞬間から打球のほんのわずかな動きも見逃しません。

速度や、クラブがボールに当たった時の入射角度などまで高精密に読み取ることはもちろんのこと、ディンプル(ボールのデコボコ)の動きからボールの回転方向まで検出します。これにより、バックスピンやサイドスピン、フック・スライスまで細かく再現。とにかくリアルなゴルフシミュレーターを求めている人には、「Joy Golf Smart+」が断然オススメしたいマシンです。

(2)故障が起きにくい設計

ゴルフシミュレーターJoy Golf打席の足元にセンサーを置きませんので、クラブが当たってセンサーを壊してしまう心配がありません

飲食店などに設置する場合、お酒を飲んでプレイする人がいることを考えると故障リスクを回避できると言えるでしょう。

(3)どこからでも打てるからストレスフリー

プレイヤー目線から見ても、Joy Golf Smart+は本当に良く考えられていることが分かります。

センサーが足元にないため、特定の位置から打つ必要がないのです。打席幅を広くとれるスペースさえあれば、右利きの人だけなじゃなく、左利きの人でもスムーズにプレイできます。

指定の場所にボールを戻さなければならないのは、けっこうなストレスになる人が多いと思います。このどこからでも打てるというのは、実際にもかなり好評とのことです。

ゴルフシミュレーター 知っ得コラム「赤外線vsカメラ」

シミュレーションゴルフのカタログを見ると、使われているセンサーは赤外線と高速カメラの2種類であることに気が付いている人もいるでしょう。

最近多くなってきたカメラセンサーは年々精度が高くなっており、正確にボールのスピン量まで計測できることから、各メーカーも導入を進めています。では、赤外線センサーは時代遅れなのかと言うと、実際に調査を進めてみると両者の性能にそこまで差があるようではありませんでした。

どちらのセンサーにもメリット、デメリットがありますので、1位に挙げたゴルフランドのように、両方のタイプがあるメーカーなら、設置場所や使う側の用途などによって選べるかなと私は思います。

国産部品でアフターサポートが充実

ゴルフシミュレーターNo.1の理由とはあまり意識している人が少ないのですが、ゴルフシミュレーター選びで最も大切なのが購入後のアフターサポートです。

店舗設置のケースであれば、営業中にマシンのトラブルがあった場合すぐに修理をしなくては、利益を損なう可能性があります。

ゴルフランドは24時間体制で技術者が常駐しているので、いつでも対応が可能な点に惹かれますね。

ゴルフシミュレーターNo.1のJoy Golf国産のシミュレーターなので、部品の交換も取り寄せの手間がなく、すぐに駆けつけてくれるそうです(他のメーカーでは、海外製の商品を仲介するだけの会社もありますので注意してください)。

ゴルフランドでは、契約の前には必ず試し打ちをして、シミュレーターのメリット・デメリットをきちんと説明してくれます。購入後のサポートも対応がスピーディだということで、設置した個人・店舗経営者からの評判も良いようです。

長く安心して使えるメーカーを選ぶ

ゴルフシミュレーターは、導入コストが決して安くはありません。だからこそ、長く安心して使えるものを選ぶことが大切!

アフターサポートがしっかりとしていて、故障のしにくい設計になっている。その上で、シミュレーターとしての性能が高いものを選ぶようにしましょう。個人で楽しむ場合はもちろん、集客ツールとして導入する場合でも同様です。

ゴルフランドでは、短期から中長期レンタルプランをはじめ、個人向けプランも充実しています。一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

ゴルフランドの導入事例&料金プランをチェック

 
ページの先頭へ

免責事項:「ゴルフシミュレーター徹底調査サイト」は2013年5月に調査した内容をまとめたものです。最新情報やサービス内容を詳しく知りたい場合は、各社の公式HPをご確認ください。

ゴルフシミュレーター徹底調査サイト